聴覚優位の人の特徴

聴覚優位の人の特徴

ものごとを判断する際に活用する五感のうち、聴覚を最も優位に置いている人は聴覚優位の人に分類されます。このタイプの人の特徴は、会話をしているときに聴覚情報にアクセスしており、視線は左右に動くことが多いとされています。音、音楽、声といった耳から入る情報が優位となっていますので、言葉のなかにも「思う」「聞こえる」「考える」といった言葉が多く登場する傾向があり、これが考え方にも影響を及ぼします。しぐさは比較的大人しい印象となり、考え込むように手や鼻、口元などに手を持っていくことが多いと言われています。

聴覚優位の人との接し方

聴覚優位の人は相手の話しているスピードやリズムに対して敏感ですので、会話をする際にはそういった面に配慮するのが、聴覚優位の人との接し方において大切なポイントとなります。学習面では、学習過程のなかに聴覚から情報を取り入れる方法を導入すると効果的です。例えば、テープやCDなどの教材を使用するといった方法なら、聴覚優位の人に合った学習方法だと言えます。聴覚優位の人と話をする場合には、まず相手の話すスピードやリズムをしっかり把握し、それに合わせることが重要です。そして周囲の雑音が気になることも多いため、静かな環境を整えることもポイントの一つです。

  • tel:03-5544-8800
  • メールフォーム