視覚優位の人の特徴

視覚優位の人の特徴

NLPでは「VAKタイプ」という3つのタイプによって分類を行います。そのなかでも、視覚優位の人にはどういった特徴があるのかを紹介していきましょう。視覚の数値が高い人の場合、会話をしているときには視覚イメージにアクセスしています。そのため、声を発している相手と向かい合っていても、視線は上方へ向くことが多く、言葉のなかでも「明るい」「暗い」といった視覚についてのイメージを使うことが多いという特徴があります。また、その視覚的イメージを伝えるために動作が大きくなる傾向も見られます。

視覚優位の人との接し方

こういった行動パターンから考えると、視覚優位の人の場合には図面を使って説明する方法、図で理解を深めていくような学習方法が合っていると言えるでしょう。顔を覚えること、表情や文字を把握することに長けているため、接し方を考えるなら、そういった面へアプローチしてみるのがいいでしょう。視覚優位の人を相手に話をする場合などは、説明したい内容を絵に描いたり、図式化したりして、視覚に訴えかけるようなアプローチをするのが効果的です。また周囲の風景によって影響されることも多く、会話をする際の環境にも配慮が必要となります。場の雰囲気や見える景色などを整えることで、視覚優位の人と交渉を行う場合には有効に働くことがあります。

  • tel:03-5544-8800
  • メールフォーム