NLPの3つのタイプ(VAKタイプ)

NLPの3つのタイプ(VAKタイプ)

神経言語プログラミング、略して「NLP」と呼ばれていますが、これは実践的なコミュニケーション心理学とも言えるものです。コミュニケーション力のアップはもちろん、「営業成績を伸ばしたい」「スポーツで良い記録を出したい」といった人にも大いに役立つノウハウとなっています。このNLPでは、「VAKタイプ」という3つのタイプを活用しますので、まずはそれを学んでみましょう。

NLPは視覚・聴覚・触覚の3つが基本

NLPのタイプは、視覚優位(V)、聴覚優位(A)、体感覚優位(K)の3つです。人間の五感には視覚、聴覚、身体感覚、味覚、嗅覚があり、外部のことや内面のことを理解する場合には、これらを使用します。NLPでは視覚、聴覚、触覚の3つを代表システムとし、嗅覚と味覚は触覚に含めています。そして、何かを判断する場面、例えば服装・ファッションはどうか、運動・スポーツはどうかといった場面、また色彩感覚が必要となる場面や会話をする場面などでは、多くの感覚を使うことになります。ただこのとき、人によって優位となっている感覚が異なり、NLPではこの優位にある感覚によって、視覚優位(V)、聴覚優位(A)、体感覚優位(K)の3タイプに分類しています。これが「VAKタイプ」と呼ばれるもので、まずはその人がどのタイプであるのかをテストによってチェックしていきます。

  • tel:03-5544-8800
  • メールフォーム